【OPPO Reno A】データ移行作業とセットアップ

OPPO_Reno_A

Reno Aがキターーーーーー

やっと来たよw

1週間くらいかかる噂は本当でした。。。

  • 10/16 11:00購入
  • 10/20 16:00発送連絡
  • 10/21 商品到着

同梱物

OCNモバイルONE

MNP開通手続きをするのに必要な案内と、SIMカードがあります。先着3,000名キャンペーンで指原さんの音声入りバッチが付いてきました。ワイは要らんけど誰か欲しい人おる・・・?

  • simカード
  • お買い上げ明細書
  • MNP開通手続きのご案内
  • OCNモバイルONEの設定等に関するご案内

OPPO Reno A

液晶保護フォルムとケースが付属しているのが嬉しいですね!フィルム貼るのに毎回苦労してるのでw

  • Reno A本体(液晶フィルム張り付け済)
  • 純正ケース(TPU製?)
  • ACアダプタ
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤフォン
  • クイックガイド
  • 安全ガイド
  • SIMカードスロットを開けるピン(ケーブルの下に入ってます)

端末が届いたらすること

新しい端末が届いたらスマホのデータ移行準備を行いましょう。モバイルsuicaやゲームなど、機種変更の際に移行手続きが必要なアプリがけっこうあります。

機種変更の注意点

アプリの中には、機種変更前の「事前作業が必須」な場合があります。事前に旧端末のデータをサーバーに移動させておくタイプのもの等が該当します。新端末にsimをぶっ挿してMNP開通する前に作業忘れが無いかどうか必ず確認を行いましょう。

機種変更によるデータ引き継ぎ方法

【事前作業必須】モバイルSuica

JR東日本の公式サイトを参考に作業を行います。特に難しいことはナッシング。旧端末データをサーバに保管しておく方法なので事前作業をお忘れなく!

JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>機種変更
機種変更方法についてご紹介します。

【事前作業必須】 nanaco

公式サイトに手順があります。難しいことは皆無。 引継番号(9ケタ) は忘れないように!suicaと同様に事前にサーバに情報を保管しておくタイプ。

携帯電話の機種変更について|電子マネー nanaco 【公式サイト】

【事前作業必須】LINE

設定>アカウントの「メールアドレス」「パスワード」が登録されているかどうか確認しておけば何とかなる。トーク履歴を残す方法もあるみたいですが、私は不要なのでパス。

DQウォーク

面倒くさいことに 「SQUARE ENIX ACCOUNT」 の作成が必要です。クソ面倒ですが以下で事前に作成しておくとスムーズです。

スクウェア・エニックス アカウント|SQUARE ENIX

アカウントを作成したらアプリにログインするだけでゲームデータのバックアップが完了します。その後、新端末のアプリでログインすれば引き継ぎ完了。サーバへ保管タイプです。

山田電機のアプリ

登録メールアドレス、暗唱番号、登録電話番号があれば事前作業不要。新端末のアプリでメール送信→リンククリックで完了する。

404 Not Found

PayPay

今回はMNPで同じ携帯番号を利用するので、PayPayに登録した電話番号とパスワードがあればそのまま新端末でログインできます。ただし、 PayPayに登録しているパスワードを忘れた場合、メールアドレスを登録していないとパスワードの再設定ができないことが あるようなので、旧端末でメールアドレスが登録されているかどうか、必ず事前に確認しておいてください。

機種変更・MNPなど、同じ携帯電話番号で端末を変更した場合 - PayPay ヘルプ
機種変更やMNP(携帯電話番号ポータビリティ)をした場合、携帯電話番号に変更がな...

電話帳、写真、動画などのローカルデータ

OPPO公式の移行アプリを使えばandroid/iPhone端末からoppo端末へのデータ移行が簡単にできるようです。

スマホのデータ移行
OPPOの新しいスマホへのデータ移行は、とっても簡単!そして、あっという間!

せっかくなので移行アプリを使って「Xperia Z3」から「Reno A」へのデータ移行をやってみました。下記の端末セットアップで解説しています。

セットアップ

SIMカード挿入

SIMカードスロットは端末の左側にあります。付属のピンを穴にぶっ挿してスロットを引き出しましょう。

SIMカードのサイズは「nanoSIM」。一番小さいサイズでカードから取り出しましょう。

スロットにSIMがピッタリ収まります。ちなみにデュアルSIM対応なので「SIM1」と「SIM2」のスロットがあります。今回SIMは1枚なので画像の位置に設置します。

外部ストレージとしてmicroSDに対応してるので64GBを設置します。本体は64GBなので十分足りそうですが、音楽や動画をたくさん保管する人は必要です。

SIM1の左にmicroSDが収まります。SIM2を装着する場合はmicroSDカードが入りませんのでご注意ください(SIM2とmicroSDは排他利用)

電源ON

言語設定、wifi設定等進めていきます。途中でGoogleお手製と思われる「アプリとデータのコピー」作業があるのですが、xperia z3が古すぎるのか?oppo端末を探せなかったので、ここだけ諦めました。どうせoppoの移行アプリを試しますし・・・。

指紋認証

顔認証はスキップして指紋認証は設定しました。これ、いいですよ。指紋の認識がすごく早いです。ストレスフリー!ぜひ指紋認証は設定しておいてください。

Clone Phone(oppo製のデータ移行アプリ)

割と面倒臭かったですが詳しく見ていきましょう!

「前の電話からデータをインポートする」

ほぼフルアクセスの権限www

android(xperia z3)なので、「その他のAndroid電話」

古い電話(xperia)にアプリをインストールする必要があります。ここで嫌な予感が。このアプリってgoogleのplayストアで配布されてるものでは無いのか???

xperiaでURLを叩いてみると・・・

OOPS!(´・ω・`)

ってことで、Clone Phoneのアプリを使ってデータ移行する際は自己責任で、どうぞ?

xperiaで提供元不明のアプリを許可(設定>セキュリティ)してインストールを進めたら、以下の画面にたどり着きました。xperiaでoppoのQRコードを読み込めばデータ移行が始まります。

移行するデータは選択できるみたいですが、そのまま全部移行してみます。準備ができたら「クローニングを開始」

旧端末(xperia)でのデータ使用料にもよりますが、おおよそ10分くらいで完了しました。参考までに、xperiaは32GBのストレージで画像やアプリで10GBほど使っていました。

無事完了しました。起動後に確認したところ、電話帳や画像データなど、文字化けすることもなく一通り正確に移行完了しているようです。おすすめはしませんがw

やっと起動画面まで来ましたwww

アプリのデータ引き継ぎは別途作業が必要

Clone Phoneではアプリのダウンロード、インストールは行ってくれますが、中身のデータまでは移行してくれません。ログインIDやPWDの入力は自分で実施する必要があります。

MNP開通手続き

端末は起動しましたが、画像のようにまだ4G(モバイルネットワーク)には接続できていません。MNP開通手続きとAPNの設定が必要です。

同梱物の「MNP開通手続きのご案内」を参照してください。以下のサイトにアクセスして手続きを行います。

MNP開通お申し込み手続き|OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
OCN モバイル ONE MNP開通お申し込み手続きページです。

OCNのマイページにログインする必要がありますが、goosimsellerでの申し込み時に「OCN会員登録証のご案内」をPDFでダウンロードしていたはずです。これに記載してあります。

ログインすると「MNP開通の申し込み」に移るので、ページ下部に進んで注意事項にチェックを入れて「申し込む」をクリックしてください。

MNP開通手続きが完了しました。続いてReno AでAPNの設定を行います。

APN設定

「設定アプリ」から進んでいきます

既にOCNモバイルONEのAPNが登録されています。便利ですね。ここにチェックを入れて戻ります。

APNは選択されていますが、モバイルネットワークには接続できません。一度「OFF」に設定し、再度「ON」に設定すると繋がるようになります。

もう一度「ON」にすると・・・画像の左上を見ると「VOLTE」マークが確認できるはずです。ブラウザなどでインターネットに接続できるか確認してみましょう。

お疲れさまでした!

機能レビューは次回・・・

移行作業が多くてボリューミィだったので性能比較や各種検証は次回にて実施予定です。

DQウォークが快適に動けばいいなぁ・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました