【アクアリウム】AT-50を魔改造でろ過能力アップ

aquarium

外付けフィルターの定番AT-50

ほぼノーマルで愛用しているテトラのAT-50。

30cmサブ水槽、ベタ1匹で使っていますがろ過能力が低いと感じます・・・。

ろ過ウールを出口に噛ませていますが、すぐ汚れますしwww

過剰にろ過しても問題は無い(え)ので、今回はAT-50をちょっとだけ改造してろ過能力をUPさせてやりたいと思います。

用意するもの

ホース

外径が約11mm、内径9mmのホースを使いました。

後述するAT-50の内部パイプの内径に収まるサイズが望ましいのですが、手持ちのホースは少し小さ過ぎたようです。

可能であればもう少し大きいサイズのホースを用意することをオススメします。

仮に小さくても調整可能です。

ろ材

100均で揃えることが可能です。

下記のアクアメーカーさんのろ材も使っていますが好きな材料で良いと思います。

結局ゼオライトは容量が足りなくて使えませんでしたwww

AT-50魔改造

純正の状態

上部にろ過ウールを詰めていますが、ほぼそのまま使っています。

▼ダブルバイオと純正バイオバッグの組み合わせ

▼お分かりいただけるだろうか。背面のスペースが勿体無いのである。

ろ材を取り出す

まずは既存のろ材を取り出します。

バイオバッグのなれの果てwww

こいつは魔改造では使いません。

▼ダブルバイオ

▼スペースが空きました。ここから改造していきます。

ろ材と水の流れを考える

まずは下記を見ていただきたい。

ノーマルだと水槽からくみ上げた水は「落ちるだけ」なのである。

仮にこの状態でろ材を詰めたとしても、フィルター内の下部には水が回らず効率的にろ過が不可能なのである。

そして私は閃いた。

下から水が登ってくる構造にすればいいんじゃね?

下から上に水が流れるようにする

つまり下記画像のように水の流れをコントロールする。

すると下部に敷き詰めたろ材にも水が流れて効率的にろ過される、という戦略である。

ってことでホースをフィルター内部に接続して水流を制御してます。

ホースを接続

内部パイプを外して・・・

▼ホースを接続する

▼ホースが小さすぎてガムテープで誤魔化すの図

▼なんとか内部パイプの押し込む

ホースはフィルター内部パイプの径よりも小さいものを選ぼう

外側からホースを被せようとすると、内部パイプがフィルターに収まりません

必ず上記のように内部パイプの内径に収まるホースを選びましょう。

完成図

これで勝つる。

▼これで水がフィルター下部から登ってくるようになります

ろ材を詰める

バイオバッグは使用せず、容量フルでろ材を詰めた結果www

一応下記の順番でろ材を詰めております。

  • ろ過ウール
  • バイオリング2種
  • ろ過ウール
  • 活性炭

感覚的には1.5倍の「ろ材」を詰めることができました。

水槽に魔改造AT-50を設置

これでサブ水槽の平和は守られた。

まとめ

  • ホースがあればAT-50の内部容量をフルで使える
  • フィルター内部の水流を下~上へコントロールするのがポイント

お安く改造できて大変満足です

コメント

タイトルとURLをコピーしました